BREAK 4: NIKKEI JIN

今から150年前の1868年、 少数のグループの日本人がハワイにやってきた。彼らの多くは横浜出身で、熱帯地方の太陽の下、農作業を行うことには、慣れていなく 多くの労働者は、素晴らしい新たな生活を夢見て、そして、ハワイでお金を稼いで日本に帰るのだという希望を持って、単身でやってきた。 最初の日系移民(一世)の中には、契約を終えると、より多くのお金を稼ぎ、良い生活をすることを求めてプランテーションを去っていく者もいた。また、拡大する日系人コミュニティで物やサービスを提供するため、小さなお店を開いた者もいた。1913年、カラカウア道りに日系人が経営するアオキストアーがオープンする。そのお店は、タバコからパン、ミルク、野菜それにガソリンまで販売していたという。9人の子供がいて、長男のハロルドアオキが、1920年代に自分でレッドウッドの木でサーフボードを削り、波乗りを始めたというのが、アジア人で最初にサーフィンをした人物だとされている。

150 years ago a small group of Japanese came to Hawaii in 1868. Many of them were from Yokohama and were unfamiliar with farming under the sun of the tropics. For these workers experiencing the new lifestyle and earning money in Hawaii made them hope to return to Japan.
Some of the first Nikkei immigrants when their contracts ended, used the experience of the new lifestyle and the earned money to live a better life. Some run plantations, some opened small shops to provide things and services in the expanding Nikkei community.
In 1913 one of such people opened the Aoki store in Kalakaua Road. The shop sold things from tobacco to bread, milk, vegetables and gasoline.
He had nine children, and his oldest son Harold Aoki is told to be the first Asian surfer. In the 1920s Harold started making his own surfboards with redwood trees and began surfing.