BREAK 3: CHILDREN OF RISING SURF

1950年代後半、鵠沼でガチャと呼ばれた少年たちが通っていた湘南学園に、一人の体育教師が赴任する。 1932年ロサンジェルス
オリンピック 800mリレーで、日本に金メダルをもたらした豊田久吉である。小中学生のガチャ達は、海で豊田からフリースタイル泳法を教わることとなる。佐賀光三は、当時を振り返って語っている ”彼はすらっと背が高く、とにかく流れるような綺麗な泳ぎをする人だった。それが後のパドルに凄く役にたった”と。
後の1960年、鵠沼に舞網荘という皆の溜まり場があった。当時、慶応大学や立教大学のアメリカンフットボール部の連中が、海でタッチフットボールをしたり、波があると長方形の船板を利用して波に乗る板子乗りをして楽しんでいた。
1961年の7月衝撃的な事が起こる。グレンフォードに似た外国人がサーフボードを持ってガチャ達の前に現れ、板の上に立ち、波に乗るというとてもシンプルな遊びを目の当たりにする。いままでにない世界に遭遇する。

In the late 50s the new p.e. teacher was assigned to the Shonan Gakuen, where Kugenuma young people called Gatcha were attending. The new teacher – Hisakichi Toyoda was a swimmer who won the gold medal at 800 m relay event at Los Angeles olympics in 1932. Toyoda taught Gatcha kids how to freestyle swimming at the ocean. Saga Mitsuzo talks about him – “He was very tall and he swimmed in really beautiful manner. That was really useful in paddling.”

Later in 1960, there was a place, where everyone was gathering, called Maikoso in Kugenuma. At that time, student of Keio University and Rikkyo University played touch football at the sea, and when there was a wave, they enjoyed using rectangular shipboards to ride a wave.

A shocking thing happened in July of 1961. A foreign resembling Glenn Ford holding a surfboard, appeared in front of the Gacha. People watched him standing on the board, and having fun of riding a wave. That was an encounter of the world that has never existed before in this area.